2018年10月01日

台風24号の置き土産

朝、6階から真下の公園を見下ろすと、オレンジ色の吹き寄せ模様ができてきた。最初、何事かと思ったが、近寄ってみてわかった。昨夜の暴風雨で閉め切っていたにもかかわらず、家の中にほのかに漂ってきた香りがあったもの。

この公園には、一本、その大木がある。大木なだけにもろに暴風を受け、風が吹いてくる側の花はほとんど散ってしまっていた。残念!

44342103-C1CD-4C6F-912F-579AE37D7AB2.jpeg

F71474AE-51BA-4C49-84F4-43D92C98AA90.jpeg

88B9A176-F1E7-443E-9823-F78881F0E4FC.jpeg

9DA6A60A-58D0-4A35-9900-3F76EB8DA6BB.jpeg




posted by asakidiamok at 10:50| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

秋の朝焼け

昨日の朝焼けは、久々に金色で、9月に入ったとたん秋色になった。
いきなりの変化である。

88B269F6-3BF0-4B64-9593-1C2AE03671C9.jpeg

ただ、それも、十数分もしたら、いつもの白っぽい空と大気に戻り、「あ……今日は北の方では大雨なんだ」と現実に引き戻された。台風21号もじわじわと近づいて来ている。
posted by asakidiamok at 06:02| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

八景島花火大会に出かける前

18:40、東京方面の空に、笠雲状の奇妙な雲が浮かんでいた。一度、中央辺りに稲妻が走った。一度きりだけど。

180825 18h40 東京方面の雲.jpg
posted by asakidiamok at 05:14| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

暑さが戻った午後

4年近く、ほったらかしでした。今日午後、暑さが戻り、青い空と白い入道雲を見ていたら、再開しようかなという気持ちになりました。

ふと目を上げたときに視界に入ってくる風景ーー最初のは、食卓に座っているとき、次は、自室でPCから目を上げたとき、最後は、その視線を東北へ巡らせたとき。こうして、普段目に入ってくる光景がその時々の心持ちに与える影響って、案外大きいなあ…と、疲れた目を癒しながら思う午後。さて、またひと頑張りしますか!

463E7ECD-B722-4B43-A586-C1B53F95B660.jpeg


AB393AB9-F2AF-4BD6-B9FA-06603DBD53D1.jpeg


828B9C6C-089B-4405-93C5-95D911F74B52.jpeg
posted by asakidiamok at 13:51| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

ウンカ異常発生?

この1週間で2回、ルーフバルコニーに布団を干そうとしたら、ウンカと思われる虫が多数飛び交っているのに気づいた。ここに住んで20年弱になるが、こんなことは初めてだ。近辺(横浜南部の住宅地)には稲田などなく、なぜウンカが?! と不思議でならない。


posted by asakidiamok at 12:01| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

震災バイオリンにまつわる話

今日は午後、ロンドン在住のヴァイオリニスト相曽賢一朗さんの恒例「日本公演」に行ってきた。場所は津田ホールで、私のヴァイオリンの先生の先生が毎年リサイタルを行なうホールなので、親しみも倍増だ。

http://crimsonglory.jp/2014recital.html

今回は、あの裏板に陸前高田の奇跡の一本松が描かれた「震災バイオリン」も登場、相曽さんで、約300人目とのこと、思いの外、演奏数が少ないことに驚いた。あれから3年半経って、まだ300人……。いや、もう300人なのかなぁ。数が問題ではないとは思うが、目標の1000人に達するにはまだ何年かかかりそうだ。

本日の演目のうち、このヴァイオリンで演奏してくださったのは、マスネの『タイスの瞑想曲』、バッハの『アリア』ほか――。私はあの日、停電して真っ暗な私室のなかで、遠くに見える横須賀方面の灯りを見ながら、グノ―の「アベマリア」と、バッハのこの「アリア」を引いた。そして、少しだけ心が落ち着いた。

この先も、どうか復興と鎮魂の祈りが引き継がれていきますように!!

コンサート前半のブラームスの「ヴィオラ・ソナタNo.1」、アンコールのシューマン「トロイメライ」のヴィオラの美音がいまだ耳から離れない。



posted by asakidiamok at 20:41| Comment(0) | 50の手習い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

空は秋?

なんだか見る雲、見る雲、すべて秋の様相で、喧しい蝉しぐれも秋を引き寄せているかのよう。これで本当に厳暑が戻ってくるのかと思う。

昼前、テニスクラブから通りに出たら、すぐ目の前で、タクシーとバイクの接触事故直後の現場検証が行なわれていた。バイクの運転手は右頬に擦過傷を負い、呆然自失の体、バイクは半壊、タクシーは左側面にこすり傷、運転手はいたって冷静な様子だった。いつも走っている道路なので、事故原因も察せられ、すぐにその場を去ったが、半時間ほど近くのマーケットで買い物をして、いざ帰ろうとしたら、道路が大渋滞になっていた。事故処理で、3車線のうち2車線を塞いでいるのだろう。すぐに脇道に入って、反対方向に向かい、渋滞から遠ざかった。

延々と続く渋滞のさなかの運転手たちは、空に漂う秋の気配には気づいていなかったろうなと思いつつ。



posted by asakidiamok at 17:33| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。